zerosabasuが咲く

主に日記や本を読んで考えたことを書いてます。

固定観念と違うことをおもうということ

9日間プラスのことだけ考えると人生が変わる という本からの引用です



「あなたは、依存症になったおかげで自分が望んでいないものは何か、

いうことを知ることができたのです」(p93)

「あなたに多くのことを教えてくれた依存症に感謝しましょう」(p94)



今日昼読んでいて一番引っ掛かった本の一部です



依存症の本といえば僕の中では


アダルトチルドレンの本とかが思い浮かびましたが


アダルトチルドレンの本には依存症に感謝しましょうとは


言ってなかった気がしたので新鮮でした



一般的にいえば依存症=恥ずべき改善すべき点でしょう



アダルトチルドレンの斎藤学さんの本にはたしか


「依存症は今の自分に必要だと思いなさい」


って感じのこと書いてました


いったんありのままを肯定する感じですね


これも役に立ちました



上で引用した本には依存症に感謝といってます



やっぱり思ったのは昔自分も考えたことです


それは常識的にこう思わなければいけないという事象に対しても


見方を自由にしていいということ


普通だったらネガティブなこという場面でもポジティブなこと


を言ってもいいんですね


普通の人なら文句いうところで逆に感謝する


固定観念を破るということですね

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。