zerosabasuが咲く

主に日記、本読んで考えたことを書いてます。

掃除 お金 自分大切

こんばんは


部屋綺麗に掃除して要らないもの捨てました


風呂上がりなのもありますがスッキリです


ゴミ袋に入れた後はなんかいまいちスッキリせず自己嫌悪のような気持ちがしたんですが


自分の気持ちメモ張に書いて整理してると、「なんか乱暴に捨ててごめん」って


気持ちが沸いてきました


そして今までありがとうの気持ちが沸くと嫌な気分は晴れました


気のせいかもしれませんが捨てる前より今に生きてるかもしれません


自分を大切にできてるかも?


まあ、気のせいだったら残念ですが笑


捨てるきっかけになったのは


ここに気づけば、もうお金には困らない
ここに気づけば、もうお金には困らない
サンマーク出版


この本に部屋が整理されてないと無意識に思考が反応して乱れるから、とのこと


電子書籍で買ったこの本結構いい本です


紙の本も最近出た本なので書店で普通に買えたりします


カウンセラーの心屋仁之助さん推薦です


他にもドラマでお金持ちの家を表現するとき部屋はすっきりさせている


貧乏な家を演出するときは部屋がごちゃごちゃになっている、とか


この話はほかの本でも読んだことありますね



世界の大富豪2000人に学んだ幸せに成功する方法 (知的生きかた文庫)
世界の大富豪2000人に学んだ幸せに成功する方法 (知的生きかた文庫)
三笠書房


世界の大富豪2000人から聞いたシリーズのトニー野中さんの本


にはお金持ちでも貧乏でも持っていられる量には限度があると書いてあります


だから必要なものだけで生活してるそうです


常に新しく物が入るスペースを空けているそうです


実際僕も服を捨てたら新しい服を買ってオシャレしようと気になった経験があります



掃除のあえて悪いとこを上げるなら決断ミスで捨てて後悔することかもしれません


でもたいていの物は取り返しのつくものです


思い出の物を捨てて後悔しても、人生はうまくいくもんです


卒業アルバムとかは僕も懐かしくてすぐに捨てられそうにないですが


世の中卒業アルバムを捨てている人もいるそうです


ネットでは暗い過去だから捨てた、などという意見がありますが


過去は肯定したいもんです


掃除はいいことのほうが多いでしょう。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。