zerosabasuが咲く

主に日記、本読んで考えたことを書いてます。

好感度いいコミュできるようになりたい、いやなろう

素晴らしく暑い
いい天気です
ちょっと雲ってて風が少しあって涼しい (大阪)


コミュニケーションうまくなりたいと思うのです
時々しゃべる人が愚痴ぽくって自虐っぽいのですが
相手ペースでしゃべるのがいつものことなので
なんか聞き役になっているのです!


今日はなにもいわず離れたんですが
好感度良く「プラスに考えようよ」、とか伝えれたほうがいいかもしれない
上手に話すとか、ズルテクで話すより、最近コミュニケーションの本達立ち読みしたことが記憶に残ってます


それはコミュニケーションの土台はハッピーな心 という


確かに暗いと声のトーンまで下がるし、声質も不機嫌そうになります
人のあら探しモードになってる人はちょっと絡んでも口から出る言葉はあら探し口調なのです
尊大な態度の人はしゃべっても偉そうです


機嫌がいいと声も内容も機嫌がいいです
好感度いいです
だから肯定的な言葉を普段から唱えて心を肯定的にするのが大事だな、と思います


テクニックの本もいいかもしれませんが土台は自分の心でしょう
これからも肯定的なアファメーション言っていきたいです


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。