zerosabasuが咲く

主に日記、本読んで考えたことを書いてます。

病気との付き合い

前回の記事で統合失調症について書きました。
偏見があるとか何十年と苦しむとか薬はやめられないとかいかに悲惨か書いてしまったけれど。


偏見のない人と付き合えばいいわけだし、あってもそれなりに覚悟するなり、ちゃんと説明すればいいんですよね。
何十年も苦しむというのは事実ですが、受け入れればそういうもんだってなります。
べつに悩みがあるひと、治りずらい病気は自分だけではないです。
ただ初めはやっぱり受け入れられませんが、、受け入れるのに時間がかかります。
僕はだいぶ受け入れられました。
受け入れるしかないんだよね。
薬も同じ、受け入れるしかない。
不便だけどその範囲で生きてくしかない。


実は何もなかった人生よりできなくなったことはあるけど、病院でやさしい人に出会えた、とか、
自分も苦痛や絶望を経験することで人にやさしくなれたし、いいことはいっぱいあります。
うれしさもあります。
それも自分の人生のドラマの一部です。


病気になったばかりの人にも伝えますが、最初は嫌でいいんですよ。
泣いてもいい。
受け入れるのに何年かかってもいい。
あまり自分を責めないで自分を成就させてください。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。