zerosabasuが咲く

主に日記、本読んで考えたことを書いてます。

がんばり病をいったん停止させるには?

人のために何かするって愛かもしれない・・。
でもその動機が「何か役に立つことをしないと自分に価値がない」って思うと、何か常にしたりして疲れたり、過剰に人の要望に応えたりすることになってしまう。。
それはめっちゃしんどい!


同じようにポジティブシンキングで「常に前向きにしなきゃ・・・」と焦るとネガティブな自分を認められなくなってしまう。
これもとてもつらい。


どっちもネガティブ思考にとらわれて地獄ですよね。


本などに書いてあるように、「そのままで自分は価値がある」とか、「ネガティブな自分も受け入れる」とかできたら理想ですがいきなりそんなことできないですよね。


まずは「暴走してる自分」これを止めないと負の方向への暴走は止まらないでしょう。
じゃあどうしたら暴走はとまるでしょう?


今思いつく答えは、いったん止まってぼーっとすることです。
そこで自分の中に持ってたくないようなネガティブな感情をいったん心のなかで放出させるのです。
がんばり倒してるとき自分が認めたくないような、自己否定感、辛さ、惨めさ、不安、など味わいたくない感情を思い切って感じてみる。
そこで「あ、自分はこんなにネガティブな感情を抱えてるんだ」って客観視できて「そうか無理しすぎたな」って自分を理解してやることができるわけです。
そうすると「なぜかわからないが悩む」状態から腑に落ちてくるわけです。
頼れる人に話すのも、紙に書きつらねるのもいいかもしれません。
悩みがわからないでなんとなくあたふたしてる時が一番困っている状態なのです。


この記事読んで、「そんなこと聞いても何の足しにもならないな」と思うひともいるかもしれません。
「自分には関係ない」と読み流す人もいるかしれません。
中には真剣に読んでくれて「自分ももしかしたら同じようなことで悩んでるかも」と思って1割でも取り入れようとしてくれる人もいるかもしれません。
そんなひとがいたらうれしいです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。