zerosabasuが咲く

主に日記や本を読んで考えたことを書いてます。

病気の陰性症状についてちょっと言いたいです

前回の記事ではアロワー(自分に~していいよという許可を出す)ということについて書きました。

なんでそんなこと書くかというと、自分ががんばりすぎているからなのです。
だから「がんばらなくていいんやで(関西風!)」、と自分に言ってます。


まあ今回は自分の話です。
自分は統合失調症なので、今はその陰性症状があるんです。
主に意欲低下、感情が乏しくなる、集中力がない、根気の低下、引きこもり、自主性の低下、など


「自分は変わらなきゃ」って思って火がつくんですが病気で持続力がなくてすぐ息切れモードになってしまう。
そういうのの繰り返しで疲れて一日何もできない日もあります。
しんどいです。
なので「がんばらない」でそのままの自分にOKを出すようにするって大切に思うんですよね。


もともとがそういう理由ですが、病気じゃない人も「変わらなきゃ」って思って強迫的になって苦しんでる人もいるかもしれないと思ってアロワーについて書きました。
「そのままではいけない気がする」とか「ひとのために何かしなきゃいけない」とか思う人の役に立つんじゃないかと、思ったんです。
もともと本に書いてあったアロワーは病気の人向けという狭い枠ではないので、当然普通の人にも効くのかもしれませんが。。


まあ・・なにが言いたいかというと自分は病気で苦しいんだってことをちょっと聞いてほしかったんです。
症状は長く続くし、頭が鈍くなって仕事も夢がないし、いろいろ悲しい。
まあ病気の原因は解明されてないので(ストレスが引き金とは聞きますが)自分のせいではないかもしれないんですけどね。


まあ、不幸話して申し訳ないです。よんでくれたひとありがとう。
僕は変えれる部分、心の持ちようとかあり方とかを大切にして自分を無条件に受け入れることのできる病人になろうと思う。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。