zerosabasuが咲く

主に日記、本読んで考えたことを書いてます。

読書 悲しみの受容とか

本を読みました。
記憶に残りやすい音読で!


野口嘉則さんの本 「これでいい」と心から思える生き方

「これでいい」と心から思える生き方
「これでいい」と心から思える生き方
サンマーク出版


最近この本ばかり紹介しています。
まあ、自分が野口さん漬けで本読んでるからなのですが。
引用が多く含蓄があってわかりやすい文章なのでいいのです。
最近の自分にとってのテキスト的存在です。


参考になったことメモ
・怒りを紙に書きなぐって整理。怒りの本当の感情は悲しさや惨めさ。
・時間をかけて悲しんで喪失体験を受け入れる。
・病的にポジティブであろうとするのは万能感
・悲哀のメロディーが共感能力を育む
・適度に依存して感謝
・相手の怒りの根っこにある甘えに共感して受け入れる


この本は一般的なポジティブシンキングや海外の自己啓発とは違いますね。
ポジティブを心がけようといった成功哲学とは違い、心理学的に悲しみを受容し人間を深めようとするところが深いです。


長くなるので内容の説明まではできないのでここらへんで。
気になる人は本買ってください~!
別にアフィリエイトやってないので売り込む気はないですよ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。