zerosabasuが咲く

主に日記、本読んで考えたことを書いてます。

読書はやっぱりいいかもしれない

本の量を読むことはいいかもしれない


やっぱり本はそれぞれタイトルとかテーマが


違うのでも似たことが書かれてあったりします



それが普遍的な幸せの法則かもしれないし


過去に読んだ量が多いほど自分の考えに裏付けができるわけです



たくさん本を読む → ある日インスピレーションを受けて言動に変化が起きる


だから読んだほうがいい気がします



とは言え本を読むのは自分のしょうもない趣味に時間を費やすより


金銭面でもメンタル面でも少々重いです


適当に音楽きいたりなんとなくゲームしたりテレビみたり


そっちのほうが楽です



僕はしあわせになる本とか好んで選んでよんでますが


たいていは本読まないんでしょうか?



でも、僕の考えではテレビは視聴率取るため、広告みせるためのものなきがして・・


はっきり言ってしょうもない番組おおいですよね・・



話すこしそれましたが


読書のメリットはありそうだけど、モチベーションが沸かない


そんなときはどうしましょう


・読書を勧める本を読む


・ハードルを下げて数分だけ読むつもりで始める


・読書する目的意識をはっきりさせる


・本に頼りたくなるほど実際に困ってみる


思いついいたのはこんなもんです



自分を変えるための読書。


いかがでしょう?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。